箕面&阪大(MGK24)の活動色々

「大阪大学と箕面市との連携協力に関する協定」に基づき、阪大生の自己実現とキャリア形成をサポートしようとする団体です。 阪大生の情熱、活力、滾々と涌き出るアイデアで、豊かな市民生活の実現、阪大と箕面の魅力アップにつなげていこうと、学生スタッフが中心となって運営しています。 宜しくお願いします。

お礼~有難うございました「箕面川清掃イベント」箕面セイソウ日和~

 雨で1週間順延されての開催となりましたが、文字通りの「川清掃日和」のなか、大阪大学環境サークルGECS主催の「箕面川清掃イベント:箕面セイソウ日和」が開催され、参加者の皆さんは、ゲームやクイズを交えての箕面川清掃イベントを存分に楽しんでおられました。
 拾い集めたゴミの量は、83.9㎏(初めての100㎏ぎり)と、前年以前を大きく下回わり、11年間の継続的な活動の成果を見てとる事ができました。


 初めての出来事をもう一つ。箕面川からの回収物品の中に、比較的新しい自転車があり、よく見ると防犯登録ステッカーが貼付されていました⇒所有者確認も兼ねて箕面警察暑に連絡すると、お巡りさんがすぐ駆けつけてくださって、照会の結果、盗難届の出ている自転車である事が判明⇒調書作成後、引き取って行ってくださいました(有り難うございました)。
 箕面川からその自転車を回収してきた参加者にとっても初の事情聴取だったそうで、結構緊張されたと言うことでした。


 ゴミを探しつつ、探索する箕面川には、オオサンショウウオや沢ガニ、ザリガニ、カワムツの小魚やヤゴ等の姿を見つけましたが、かつて箕面川にはアマゴの生息も確認されていた(昭和42年六月社発行「箕面の自然」)そうです。
 多様な種の水棲動物のいる自然、箕面川の貴重な環境を日常生活の中で守ることの大切さを再認識したイベントでした。

にほんブログ村

にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。